日本語ドメインを利用する際のトラブル&解決方法


日本語ドメインの運用にあたって気を付けなければならないことが

分かりました。

社内でも日本語ドメインを利用することへの抵抗が多く

いやですね、お堅いエンジニアはっと心でつぶやきながらも、自分はチャレンジ精神旺盛なのでやっちゃいますぜぇ~

前回お話した通り、日本語ドメインだからと言ってサーバー側の設定で

何か特別な作業が発生するわけでもなく、通常通りに設定が行えます。

そしてしばらくすると無事にブラウザーからアクセスでき、ページもきちんと表示させることができました。

しばらくGoogle様から、どのようにインデックされていくのか?そこだけを確認して今回の検証は終わりっと思っていました。

そして、致命的な不具合にとうとう出くわしてしまうのでした。

ブログなどの記事での紹介リンク、他のサービスからのリンクなど

URLに日本語のドメインを入れると、サービス、システムによってはURLとして受け付けてくれません。

まあ、こちらにミスはなくあくまでも相手側のシステムでURlを判定する部分での問題なんでしょうが、これを妥協できるか?で利用するかしないかを判断することができそうです。

社長に報告しとこ。

by 日本一のゴマすり社員

WEBシステムのマーケティングは
株式会社マイスタンダードへご相談ください。
株式会社マイスタンダード

 

 

日本語ドメインはどのくらいSEO対策に効果があるのか?検証


日本語ドメインが普及してきました。

日本語.com / 日本語.net / 日本語.biz / 日本語.jp

などが、比較的低価格で購入することができます。

また、日本語だからサーバーの設定が大変だと思われますが

通常のローマ字ドメインと何ら変わりがありません。

楽してSEO対策に有効ならぜひ導入を検討したいところ。

そこで実際にどのくらいSEO対策に効果があるのか?

検証していきたいと思います。

 

プログラミングを勉強するために何をするべきなのか?


よくインターンシップに参加している学生から質問をされる内容として

どのようにプログラミングを学べばよいのか?また、何から始めたらいいのか?など

取り掛かり部分での質問を受けることがあります。

やりたいこと(ニーズ)を見つけて!価値のあるものに仕上げる!事がビジネスなので

やはりWEB系のシステムを規模の小さいものでもいいので構築することから

学んでいただくのが一番だと考えています。

そこで、何から手を付けていけばよいのか?多くの方が悩まれて挫折してしまう部分だと思います。

率直に言えばオープンソースのスクリプト(初めての言語PHPが一番楽なのかな?)をダウンロードしてきて、環境構築を行うことから学んでいけばいいはずです。

問題なく実行できるようになってから、表示位置を変更したり、テキストを変更したり

慣れてくれば機能そのものをカスタマイズしたりと!

結論として

まずはプロのソースを真似ることから始めれば上達が早い!と感じております。

今の時代はWEB、サーバー、ネットワーク、データベース、プログラミングとあらゆることを学ばなければいけないので大変だと思いますが、根気強く頑張っていただきたいと思います。

私が若いころはベーシックでした。懐かしい。

親父でもWEB技術を学ぶことができますので、学生の方も負けないでください。

WEBシステム開発

株式会社マイスタンダードのクラウドサーバーサービス


現状、クラウドコンピューティングは下記の3つのタイプに分類されます。

株式会社マイスタンダードでは、どのタイプのクラウドサービスにも対応しております。

お客様のお客様によるニーズを決して逃がしません!

■SaaS
インターネット経由のソフトウェアパッケージのご提供を行っております。
■PaaS
インターネット経由のアプリケーション実行用のプラットフォームのご提供を行っております。
■HaaS・IaaS
インターネット経由のハードウェアやインフラのご提供を行っております。

また、弊社のクラウドサーバーは世界中に分散されており、あらゆる災害などのトラブル対策も

万全な体制を行っております。

詳しくは弊社までお問い合わせください。

システム開発 大阪

14 / 14« 先頭...1011121314