HOME >  システム構築 > PandaBoard ES ボード ケースの購入方法

PandaBoard ES ボード ケースの購入方法


これからは、ARMで自宅サーバーを構築するのが流行りそうな勢いを感じます。

が購入がまだまだ不憫です。

海外から取り寄せないといけません。

ボード自体の値段は安く、送料も無料なので比較的安価に入手することができます。

初心者で気になるのはやはり、ケースではないのでしょうか?

開発に慣れている人は、アクリル板を加工して自作のケースを作成したりしている人もいますが

素人の私には無理だ!社内で一番マニアックなあの方に依頼してみるとするか。

http://www.pandaboard.org/

このWeb IDでの価格は、オンライン発注にかぎり、2012/03/20 まで有効です。
7,500円以上のご注文の運送費は無料(日本円でのご注文に限ります。)
http://www.digikey.jp/