HOME >  システム構築 > Linux Cent OSでIPv6を無効にする方法

Linux Cent OSでIPv6を無効にする方法


IPv6を有効にしていると、いろいろなサービス(web、ssh、ftpなど)でログイン認証が

遅くなってしまうと言ったような話題をみかけます。

IPv4と使ってもいないIPv6&iptables6が共存していると、余計なトラフィックが発生してしまうので

使っていないIPv6が起動している場合は、停止してしまいましょう。

IPv6が立ち上がっていると、その他、余計なトラブルも発生してしまいそうなので・・・。

将来的には何らかのソフトで、IPv6が有効になっていないと、コンパイル&インストールできない!そんな

わがままなソフトがでてきそうで怖い。

■IPv6無効化
vi /etc/modprobe.conf

alias net-pf-10 off
alias ipv6 off
options ipv6 disable=1