HOME >  システム構築 > Linux サーバーの消費電力を抑えるためにすること 2

Linux サーバーの消費電力を抑えるためにすること 2


Linux サーバーの消費電力を抑える方法として

設定の難易度1~5段階程度で幾つかの方法があります。

ただ単に設定ファイルを書き換えるだけのものから、デバイスのモジュールを組み込むものまで

幅広い内容です。

難易度が高い割には、その消費電力としての効果が小さいものは

万が一のサーバーの不具合を考えると作業自体を控えたいところです。

どれから手を付けていいものやら・・・

そこでどうせ対策を行うなら、パフォーマンスアップも期待できそうな

最新版のカーネルをインストールしてみることに決定!

Cent OS5系では、カーネルのバージョンは2.6.18-xxxです。

カーネルが2.6.22系以上の場合、消費電力がそれなりに改善しているという情報を入手

これはカーネルをアップデートするしかなさそうです。期待です!

現状新しいカーネルは3.2.9ですが

さすがに3系は無理があるだろうと思い今回は2.6系の最新バージョン2.6.33.20を使います。

現状のサーバーで稼働しているカーネルを調べるコマンド

# uname -a
Linux HogeHoge 2.6.18-274.17.1.el5 #1 SMP Tue Jan 10 17:25:58 EST 2012 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

では、さくっとカーネルを最新版へ

コンパイルしてインストールしました。

最近のCPUスペックだと早くコンパイルが完了します。

# uname -a
Linux HogeHoge 2.6.33.20 #1 SMP Fri Mar 9 19:18:06 JST 2012 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

Cent OS 5.7ですが問題無く動作しています。

気持ちサーバー負荷も低下しているかもしれません。