HOME >  システム構築 > Apache2.4.1 最新版がリリース 導入についてのトラブル

Apache2.4.1 最新版がリリース 導入についてのトラブル


先月2月21日 Apache WEBサーバーがメジャーアップデートしました。

2.2から約6年ぶりとなるバージョンアップです。

拡張機能が追加されたり、コア機能が機能アップしていたり、メモリ使用量が削減されていたり

セキュリティー面、およびパフォーマンス面からしても

既存のシステムからアップグレードするメリットは高そうです。

ただ、いろいろな機能が追加されているので

いきなり上書きで導入してしまうとトラブルが発生してきそうです。

導入する前に、インストールするフォルダを変更したりポートを変えたりして

テストした方がよさそうですね。

既存のconf内のパラメーターでいくつかエラーが確認できました。

まとめは後日